静岡県・冬の釣り!/釣り広場.com

静岡県の冬の釣りを紹介しています。

釣り広場.com

スポンサーリンク

静岡県・冬の釣り!

 寒さが厳しくなるこの季節。それでも狙える魚は少なくない。浜名湖ではセイゴ・フッコクラスが中心だが真冬でもシーバスを狙うことができ、2月頃からはホシガレイが釣れ始める。遠州灘や駿河湾沿岸のサーフでは数は少なくなるが大型のヒラメを狙える時期でもある。さらに初冬、コノシロなどのベイトが接岸するとブリクラスがサーフから狙えることも。伊豆半島においては寒グレが人気がターゲットだ。

静岡県・冬の釣り物紹介

シーバス

 浜名湖ではセイゴ・フッコクラスが中心だが真冬でもシーバスを狙うことができる。航路筋などが主なポイントとなりバチやシラス、イナなどを捕食しているようだ。ウェーディングで狙うアングラーも多い。

・オールシーズンでおすすめのシーバスタックルはこちら

ホシガレイ

 浜名湖では2月前後からゴールデンウイーク頃にかけてホシガレイが釣れることがで知られている。”幻のカレイ”とも呼ばれている。

NO IMAGE

スポンサーリンク

ヒラメ

 遠州灘や駿河湾沿岸のサーフではヒラメが狙える。春と秋がベストシーズンだが冬は大物が狙えるシーズンだ。

青物

 遠州灘や駿河湾沿岸のサーフでは初冬にコノシロなどのベイトが接岸するとブリクラスの青物が釣れることがある。ショアからブリの狙える貴重なシーズンだ。

NO IMAGE

メジナ

 伊豆半島の磯では”寒グレ”と呼ばれるメジナシーズンの真っ盛り。40オーバーの良型を目指そう。

メバル

 1月中旬から2月は産卵後の喰い渋りと水温低下のためベストシーズンとは言えないが、それでも十分に釣果を見込めるのがメバル釣りの魅力。伊豆半島では”尺メバル”と呼ばれる大物もキャッチされているようだ。

・初心者におすすめ、メバリングタックルこちら

管理釣り場

 10~15℃前後が適正水温といわれるトラウトですが、釣り物の少ないこの時期に人気が集まるもの管理釣り場の特徴。水温低下により喰いは渋いですが釣り方を掴めれば釣れる奥の深い釣りです。

・初心者におすすめ、管理釣り場でのルアータックルこちら

・静岡県管理釣り場情報はこちら

都道府県別釣り場情報検索へ

ターゲット別釣り場情報検索へ

関連記事はこちら

スポンサーリンク

 

釣り広場.com 公式Facebook!

Copyright © 釣り広場.com All Rights Reserved