釣り広場.com
釣り広場.com

スポンサーリンク

top>箕田海岸

箕田海岸(潮干狩り)


大きな地図で見る
(1)
(2)

(1)、県道6号、ジョイフルの角を曲がります。こちらが上記地図の矢印のポイント。
道路が狭いため、地元の人に迷惑のかからないようにしましょう

(2)、写真にある通りジョレンでの採貝は禁止させています。

釣 果/釣り場情報
釣果投稿はこちらをクリック

 2012年3月10日、三重県鈴鹿市箕田海岸に潮干狩りに行ってきました。
今年はすでに採られた後なのか、去年にくらべ少なかったです。
約2時間半頑張りとれたシジミ・ハマグリ・アサリの成果はこちら↓

関連記事はこちら

貝の種類・見分け方

 左がアサリです。特徴として縦に筋が入っていることや、同じものは二つとないといわれるしま模様、幾何学模様が入っています。 真ん中の貝はドンビシオフキと呼ばれる貝です。アサリよりも体高があり、横に筋が入っています。なかなか砂を吐きませんので潮干狩りでは外道扱いです。しかし、しっかり調理すればおいしいのでこちらのシジミ採りで説明しているアケミ貝と同じように調理してください♪
・アケミ貝の佃煮へリンク
  右の貝がサルボウと呼ばれる貝です。よく赤貝と間違われますが違います。
赤貝は筋が42本、入っているのに対しサルボウは32本です。ちなみに38本はサトウ貝と呼ばれます。しかし味は赤貝そっくりなので問題ありません☆
・サルボウの酒蒸しへリンク

 

 こちらの左の貝がハマグリです。他の貝に比べ光沢があり、殻が厚いです。また縦や横に筋がほとんど入っていません。
・焼きハマグリへリンク
右の貝は・・・
私もいろいろと調べたのですが全くわかりません!