10月下旬、鈴鹿ママカリ釣行!

スポンサードリンク

10月26日、鈴鹿市方面にママカリ釣りに行ってきました。

まず訪れたのは白子漁港の釣り桟橋。日の出が6時で6時半からのスタートです。

竿は磯竿1.5号、リールはダイワ2500番、道糸ナイロン2号。

仕掛けはカワセミのママカリサビキ6号(もう少し小さいサイズの針の方が良かったかも)に蓋つきサビキカゴ8号、撒き餌はこちらのアミ姫です↓

このアミ姫は集魚効果はブロックのアミエビにはかないませんが、常温保存ができるのでいつでも気軽にサビキ釣りが楽しめます。

しかもアミエビの粒がしっかり残っているため、安物のチューブ式撒き餌に稀にあるような”魚が逃げていく”なんてことはなく、しっかりと寄ってきます。

釣りを始めるとさっそく釣れます↓

ママカリに混じり、サバやウルメイワシも釣れます。

しばらく釣りを楽しみ時刻は7時。

地元の爺さんたちは引き上げていきます。

スポンサードリンク

7時半になる頃には他の釣り人がいなくなり、アタリも遠のきます。

この釣り桟橋は周辺の水深が浅く、先端部でもおそらく2~3mほど。

そのため朝・夕の時合いは良く釣れるのですが時合いが短いのかも。

そして私も千代崎漁港に移動します。

到着は8時。

こちらではまだまだママカリが釣れています。

波止のカーブあたりでこちらも水深2~3mほどですが沖に面しているため白子漁港より潮通しがいいです。

しかし9時頃になりアタリが減ったので納竿、

しようとすると・・・

少し沖でサワラ?がジャンプします。

急遽、シーバスロッドをとり投げてみると・・・

20cmほどのサバが釣れました(^^;)

結局、この1匹でルアーは終了です。

ちなみにヒットルアーはローリングベイト77です↓

もしかすると朝一であればママカリを捕食するシーバスなども狙えるかもしれません。

久しぶりにのんびりサビキ釣りが楽しめました。

白子漁港と千代崎漁港で合わせた釣果です。白子漁港ではママカリ・ウルメイワシ・サバ、千代崎漁港ではママカリ・サバが釣れました。

以上、10月下旬、鈴鹿ママカリ釣行でした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*