鳴門のマイワシ

スポンサードリンク

11月19日、四国出張の際に立ち寄った鳴門市の漁港で驚きの光景が!

なんと網でマイワシを掬ってます!

さすが鳴門!魚影が違います!

網を水中に沈めると勝手に入ってきます。

しばらくすると警戒して入らなくなりますが、アミエビを網の前に撒けば狂ったようにように入ってきます。

あっという間にバケツ一杯掬います。

こんなに食べれるのか?と感じるほどです。

養殖魚の餌にでもするのかもしれません。

このような光景を見てしまったため翌日はお土産確保のマイワシ釣りをしました。

場所は前日の漁港ではなく、ハマチやマダイも釣れると聞いた亀浦観光港。

まず朝マズメは波止からショアジギングをしてみましたが、アタリはなく・・・

波止をそれほど長くないのに釣り人が多いため隣との間隔が狭く、さらに潮の流れが速くジグが流され快適に釣りができなかったため、すぐに手前の岸壁で土産確保しました(笑)

イワシを寄せるまでは多少時間はかかりましたが一度寄ると次々と釣れます。

釣れ始めると他の釣り人も寄ってきます(笑)

少し小さいですがかなり釣れます。

2連、3連は当たり前です。

スポンサードリンク

あっという間に50匹ほど釣り、土産確保終了です。

アミ姫が余りました。

でも常温保存でまた使えるので便利です。

最後に地元の人のマネをしてバケツでよく混ぜて鱗を落として帰りました。

鱗を落としておくと捌くのが非常に楽です。

新鮮なものは刺身と塩焼きに。

刺身は絶品でしたが、塩焼きは脂の乗りが悪くいまいちでした。

本日釣れたサイズはおそらく1歳魚の12cmから17cmほどでしたので、食べるのはやはり2歳魚の20㎝前後のが美味しい気がします。

残りはフライや、

生姜煮や、

南蛮漬けにして美味しくいただきました。

以上、鳴門のマイワシでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*