立田大橋船着き場周辺でのハゼ釣り

スポンサードリンク

8月10日、立田大橋の船着き場周辺でハゼ釣りをしてきました。
仕掛けはのべ竿2.7mの脈釣り仕掛けです。

のべ竿での脈釣り仕掛けはこちら

まずは近くの岬釣具店で石ゴカイを購入し、朝7時に釣り開始です。

しかし長潮の干潮時ということもあり、船着き場には水がありません( ;∀;)

このポイントでのハゼ狙いであれば潮位の高い時間帯がおすすめなので、潮位を確認の上での釣行をおすすめします。

ちなみにこのポイントは四日市の潮位から1時間半くらい遅れているので、潮見表を見る際は注意してください。

干潮時は船着き場に水がないので、両サイドにあるブロックの上からがポイントとなります。

ポツポツ釣れます。

スポンサードリンク

こんな小さなサイズも↓

隣で手長エビを狙っていた釣り人はブルーギルも釣ってました。

餌はミミズのようです。

まだまだハゼは小さく、釣具店に置いていた一番小さなハゼ針であるハゼ針5号ではギリギリかかるような状況でした。

ただ、より小さな袖針やサヨリ針を使用すると、小さすぎるハゼもかかるので難しいところです。

ちょい投げで少し沖を狙うともう少し良い型が釣れたかもしれません。

ハゼのちょい投げ仕掛けはこちら

これからは一潮ごとにハゼがぐんぐんと大きくなっていきますし、ハゼ釣りは小さな子供でも簡単に楽しめますので、ぜひハゼ釣りを楽しんでみてはいかがでしょう。

こちらが本日の釣果です↓

スポンサードリンク

One Reply to “立田大橋船着き場周辺でのハゼ釣り”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*