大田火力発電所・釣り広場、仕掛けは!?

スポンサードリンク

3月初旬、石川県七尾市にある大田火力発電所の釣り広場に行ってきました!

ここは火力発電所から出る温排水口で釣りをすることができ、3月の解禁直後はクロダイやメジナがメチャクチャ釣れると噂の釣り場です!

ただし”温排水口での釣り=激流での釣り”になり、普通とはちょっと違った釣りになるそうです。

まずは1日目、到着したのは午後3時。メインのエサとなるシラサエビが手に入らず、青イソメでの挑戦です。

こちらが大田火力発電所・釣り広場の風景↓

ちょうど温排水口手前の人が帰りましたのでそこに入ることができました。

仕掛けは脈釣り仕掛けで、磯竿1.5号5.4m、道糸ナイロン2号、ハリス1.5号、針チヌ針2号、錘はカン付き錘3号を使用しました。

まずやってみると激流なのですがその激流が手前のテトラにぶつかって反転し、渦を巻いています。そのため3号錘でも穂先を中心に円を描くように廻り、流されずに底が採れました。ただ流れている場所ですとあっという間に流されます。

釣りをしてみると何度か根掛かり・・・

さらに釣れずに時間だけが過ぎます・・・

結局残り時間が少なくなり1つ目のテトラ帯より奥でブッコミ釣りをしてみますが釣れません・・・

そのまま1日目終了・・・

 

 

2日目です!

2日目は朝6時の開園直後からのスタート!

ポイントは昨日良さそうだった反転流のできるポイントに入りました。

当初は昨日と同じ3号の錘で挑戦したのですが、釣れないので2Bのガン玉だけ打ち自然に流します。

すると・・・

きました!

30cmくらいのチヌです!

しかしタモ入れをしようとした際にばらし・・・

・・・

しかしこれで”自然に流すことが重要”だと分かりました。

ただしばらくアタリがなく、エサが浮いてくることも多かったので2Bの3段打ちにします。

スポンサードリンク

2B×3の錘でも激流が渦を巻いていますので流されずに自然に穂先の廻りを回り続けてくれます。

そしてしばらくするとアタリが!

隣の方がタモ入れをしてくれて無事釣れました☆

メジナが釣れるという事はまだ少し仕掛けが浮いているのかとを思い2B×4に。

そしてついに・・・

クロダイが釣れました☆

ちなみどちらもエサはアオイソメです。

某釣り具屋で脈釣り仕掛けの錘を0.8号から1.5号を推奨していた意味が分かりました。

つまり軽すぎと激流で浮いてきてしまうし、重すぎると自然に流れないので喰わない+根掛かりするからです。

ちなみ2B×4で、2Bが0.8gなので3.2g、およそ1号です。

なんとか初場所で釣ることができ大満足です。タモ入れをしてくれた方、アドバイスをしてくれた方、本当にありがとうございました。

クロダイとメジナは帰ってから美味しくいただきました。

仕掛け&釣り方のまとめです

仕掛け: 磯竿=1.5号 リール=2500番 道糸=ナイロン2号 ハリス=フロロ1.5号 針=チヌ針2号 錘=1号前後になるように エサ=シラサエビ7割アオイソメ3割

釣り方: 水深は竿1本ないくらいのでそのまま底を這わせるように流れにのせる脈釣りです。ポイントは渦でしょうか。もちろん流れている所でもベテランさんは釣っていますが。

という感じでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*