初心者におすすめ、ちょい投げ釣り仕掛け

スポンサーリンク

 キスやハゼ、カレイ、メゴチなどが狙えるちょい投げ釣り。このページでは初心者向けに様々なターゲットが狙えるちょい投げ釣りの仕掛けを紹介します。もしハゼを専門にちょい投げで狙う場合はこちらのページを参考にしてください。

初心者におすすめ、ちょい投げ釣り仕掛け

1、ロッド

本格的な投げ釣りであれば4m前後の投げ竿を使用しますが、そのような竿は高価であり初心者には扱いづらいので、まずは手頃な値段の3m前後の竿をおすすめします。”ちょい投げ竿”や”万能竿”といった名称で売られており、もしエギングやシーバスフィッシングなどで使用しているロッドがあれば、そちらでも十分にちょい投げ釣りが楽しめます。

おすすめのこちらのロッド↓

プロマリン(PRO MARINE) PG 五目万能 300

3mという丁度良い長さで、実売2000円以下と非常に安価です。

ガイドが錆びやすかったりと値段相応ではありますが、丈夫にできているので子供とのファミリーフィッシングや初めて釣りをしたいという方にはおすすめです。

またちょい投げ釣りと並びファミリーフィッシングで人気のサビキ投げでも使用できます。

2、リール

次にリールです。

リールはセットなどで安く売られているのですが、無名ブランドのリールは耐久性などに難があり、トラブルが起きやすいです。

せっかく釣りに行ったのにリールのトラブルで釣りが楽しめないと元も子もありません。

1流メーカーのリールでも糸付きで安く売っているので、まずはこちらを購入することをおすすめします↓

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 ジョイナス 2500 糸付 3号-150m

2500番というちょい投げ釣りにはちょうどいいサイズで、道糸は扱いやすいナイロンの3号が巻いてあります。

3、錘

仕掛けを遠くにキャストするために、道糸に錘を結びます。

錘はジェット天秤と呼ばれる仕掛けを巻くと浮き上がる錘が根掛かりを軽減してくれるため初心者にはおすすめです。

錘の重さは竿を基準に選びます。

先程紹介した”プロマリン万能五目300”ですとオモリ負荷が10~25号となっており、10~25号の錘であれば使用できます。

しかし、やはり値段相応の竿ですので25号の錘を全力でキャストするのは難があると思います。実際に使用した感覚ですと10号までが気持ち良くキャストできる範囲だと思います。

ジェット天秤10号はこちら↓

第一精工 キング天秤3P 10号

4、仕掛け

仕掛けは狙うターゲットにより異なりますが、ここではもっとも人気のキスを中心とした仕掛けを紹介します。

まず針のサイズは初心者には7号か8号がおすすめです。針が大きすぎると掛かりが悪くなりますが、小さすぎると針が飲まれてしまいますし、小さすぎる魚も釣れてしまいます。また小さな針の仕掛けは細いハリスで作られていますので、根掛かりした際にハリスが切れてしまう可能性が高くなります。針の本数に関しては少なめの2本針が初心者には扱いやすいと思います。

初心者におすすめの仕掛けはこちら↓

ささめ針(SASAME) ちょい投2本鈎 K-001 7号-1.5

5、エサ

最後に針にエサをつけます。

エサは石ゴカイや青イソメが一般的です。

7、その他

その他にも水くみバケツやコマセバケツ、クーラーボックス、ハサミ、タオル、ライフジャケットなどが必要となってきます。それでは準備を整えてちょい投げ釣りを楽しんでください。

以上、初心者におすすめちょい投げ釣り仕掛けでした。

スポンサーリンク